手摺(手すり) 販売・施工 大和株式会社
大和株式会社 手すり(バリアフリー商品)販売・施工
HOME 会社情報 サイトマップ
手摺(手すり)の販売・施工
大和株式会社
〒509-5125
岐阜県土岐市御幸町2丁目41番地の2
TEL(0572)55-1981
FAX(0572)55-1178
お問い合わせ

 【EB−5024(32o)・ED−5024(35o)】

このブラケットは、主に真壁(柱が見えている廊下・居室等)の柱の内側に取り付ける場合に使用します。EB−5025・ED−5025との違いはビスもみする角度が違う事です。
柱の角に取り付けるブラケットの為、ビスも柱角の近い所に取り付けなければなりません。この為、柱の外側にビスもみしてしまうと柱が割れてしまう事があります。柱の内側にビスもみできるよう、ビス穴は壁側に角度をつけてあります。
ビスもみする際は、ビス穴に角度がついているので、多少壁側にプラケットが動きます。取り付けの際は柱角ギリギリでビスもみすると良いでしょう。壁ギリギリで取り付けると土壁にめり込んで土壁を傷つけてしまう場合もあるので注意しましょう。

   



 【AA−35SEL・AA−35SER等】出幅調整付きブラケット
柱の太さが違っていたり、壁の出幅が違っている時に使用します。(下図参照)
図のように柱の太さが違う場合、柱の出幅も異なってきます。このようなケースでも手摺の取り付けは可能ですが、手摺やブラケットに余分な負担がかかりますし、曲がった手摺になってしまいます。
出幅調整ブラケットを使用すると、20oまで出幅の調整が可能ですので、このようなケースでも曲がりのない手摺の施工ができます。

Copyright © 2008 手摺(手すり)の大和株式会社 all Lights Reserved.