手摺(手すり) 販売・施工 大和株式会社
大和株式会社 手すり(バリアフリー商品)販売・施工
HOME 会社情報 サイトマップ
オンラインショップ
手すり選びのポイント
手すり取付のポイント
施工事例はこちら
手摺の高さについて
 
 
手摺(手すり)の販売・施工
大和株式会社
〒509-5125
岐阜県土岐市御幸町2丁目41番地の2
TEL(0572)55-1981
FAX(0572)55-1178
お問い合わせ
手摺の適切な高さは何を基準にして決めれば良いのでしょうか? 移動用の横付け、縦付けの標準的な高さの決め方をまとめてみました。
手摺の高さは上図のように、尺骨茎突点(手首にある少し出ぱった骨)にあわせると丁度良い高さになります。(床から650o〜750oの高さが一般的です)
この高さで手摺を取り付けると、肘を少し曲げた状態になるので、しっかりと体を支える事ができます。ただし、
すべての方がこの手摺高が適切であるとは限りません。 身体の状況や移動方法によって大きく違いますのでその点を考慮した上で手摺高を決めましょう。
立ち上がった状態で身体を保持したり、立ち座り時に利用する縦手摺。
身長等状況に応じて変わってきますが、手摺の中心は床からおおよそ1100o前後にし、手摺の長さを600o以上にしておくと丁度良い高さの縦手摺になります。 照明用スイッチも、おおよそこの位置に取付られている事が多いようです。
また、座った状態から立ち上がりに利用する場合は、この位置よりも低い位置になります。
座った状態で腕が楽に上げられる位置を優先に考えた方が良いでしょう。
Copyright © 2008 手摺(手すり)の大和株式会社 all Lights Reserved.