廊下手摺ですが、中央に柱があるものの両端には建具があります。 このケースでは、柱にブラケットを取り付け両端にスタンドを立てて手摺を取り付けます。
ケース2と同様、柱の太さ(幅)、建具の寸法(幅)等を記入します。また、左の手書き図面のように手摺のサイズ(幅・高さ)等のみを記入して頂いても構いません。
図面には高さが記入されていませんが、高さも必ず記入して頂きますようお願いいたします。
高さについては、使用される方によってまちまちですが、尺骨茎突点(手首にある少し出ぱった骨)に合わせると適切な高さになります。
図面を送付して頂くと左のような図面と見積お送り致します。ご確認して頂き、希望通りの手摺であれば指定口座にお振り込みください。
お振り込み確認後製作に入ります。
左の図面をクリックするると拡大図(PDF)をご覧頂けます。
完成写真です。